作詞家
横井秀仁
  Shuji Yokoi    Official Website
流れ星 リリース!

中西圭三氏待望のシングル  CDの購入は こちら
流れ星 リリース!

中西圭三氏待望のシングル  CDの購入は こちら
作品
愛することを信じて
作曲:中西圭三
歌手:中西圭三
歌詞表示
ご購入
午前零時の街
作曲:松尾一彦
元オフコース松尾氏作曲
歌詞表示
通天閣焼酎ロック
作曲:福井康彦
歌手:西上雅章/大空美樹
通天閣観光とのコラボ曲!
歌詞表示
高瀬舟恋歌
作曲:富田梓仁
歌手:大空美樹
中村美津子さんを育てた富田氏作曲
歌詞表示
有馬一夜
作曲:湯浅隆
歌手:大空美樹
歌詞表示
新着情報
    ラジオ内容
    ラジオ関西の番組『横井秀仁のSAXY』の放送内容をお読みいただけます。
    「神戸からのラブソング」では高校生男女の恋模様をドラマとしてお送りしながら、彼らの心を横井が詞にします。

    2024.2.18放送

    神戸からのラブソング〜優太と陽菜の21才と20才の頃〜

    第125回 「ネーミングこそ命!!」 <BGM247>トップ・オブ・ザ・ワールド//カーペンターズ 「N」 前回は、露店での新製品の    売り出しを巡り、新種の    たこ焼きの様な製品は    決まりましたが、今日はその    ネーミングを四人で決めて    います。これで天下を取ろうと    BGMはトップ・オブ・ザ・    ワールドですね。 「健二」 たこ焼風でミンチを      入れるから、      たこミンチ焼き 「優太」 それで人はふり向く      かなあ、もっと馴染みが      あって「なっなんや、あれ?」      って名前がいいんと違う      かなぁ 「健二」 そうやんなあ、美人で      振り向くのもええけど      ブサイクでも振り向く      ような名前でないとなあ 「秋奈」 なっ、なんで健ちゃん      うちを見てるん?      (かわいく) 「健二」 あっ、いや・・。      ほれ・・・。ブサイク      言うてるンとちゃうで      美人やなぁっと 「秋奈」 あんね、そんなことは      優太さんと二人の時に      言うもんよ。こっそりと!!      こんな時に言うたら嘘に      聞こえるわ(やさしく) 「健二」 いや、これは失礼しました。      こんなことで歯車がずれて      いくんやなぁ、いや、      くわばらくわばら 「陽菜」 まあまあ、でも      そう考えると難しいわね 「秋奈」 ミンチたこ焼、ソースなし      やんね。 「陽菜」 ミンチと言えば牛(うし)      とか合いびきとか、だよね 「健二」 そこや、その辺から考えよ 「優太」 ギュウギュウ焼き 「健二」 お~!いきなり来たな。      ギュウはミンチの      牛(うし)のぎゅうを      掛けてる訳やな 「陽菜」 それに中身も      ギュウギュウってことも      あるかな? 「秋奈」 それに福もギュウギュウ      ってこともあるやん。 「健二」 そうや、そいつに      暖簾にはえびす、大黒      をつけて、えびす、大黒      ギュウギュウ焼きにするか!? 「秋奈」 いいやん!いいやん!      賛成! 「陽菜」 みんな食べて福を持って      帰ってね、ってことね 「優太」 何かええ感じがするけど、      ・・・そやけど味は      どうするねや 「健二」 早速帰って親父に相談して      作り上げて来るわ、秋奈      一緒に行こ!! 「秋奈」 うん!! 「N」  えびす、大黒、     ギュウギュウ焼き、食べて     みたくなりますね。でも     みなさん、これはドラマの     中のお話ですからお祭りに     行ってもないですからね。     えっ、ひょっとしたら     あるかも?!・・・。     あったら食べよ     さて数日後、健二がみんなを     呼んで、試食会をしています。 「健二」 どや、味は? 「秋奈」 めっちゃおいしいわ、      売れると思う 「陽菜」 ほんと、このミンチの      味付け、おいしい。      絶対いけるよ 「優太」 それにこのチーズの      上にかけてる粉が      ええアクセントに      なってるなぁ      これ、何の粉?なんかぁ、      食べた事があるような      感じやけど・・・。 「健二」 それが魔法の粉や、      えへへへ、実はこれや 「秋奈」 えっ!!うちの好きな      奴やん 「優太」 凄い発想力やなぁ 「健二」 これはとりあえずは      企業秘密やからな。      絶対に言わんように!!      でも、これだけではないんや。      それは秘密や、これは      みんなも知らん方がええ。      つい口が滑ったら      責任感じるやろ。 「陽菜」 健ちゃん、凄い!!やっぱり      商売人だ、健ちゃんだけの      秘密にしとこう 「秋奈」 うちも知らんもんなぁ・・・。      (つぶやくように) 「N」  魔法の粉とは何でしょうね。     さてさて、ギュウギュウ焼きの     デビューはとある神社の     お祭りの様です。アリのように     お客さんが来るのか?!     カラスが泣くのか、     アリかカラスか、     不安の様な楽しみの様な・・・。     どうなるのでしょう!?     さて、優太が日々の葛藤を     詞にして朗読します。 <BGM248>めぐり逢い//アンドレ・ギャニオン 朗読・優太 青春は霧の中(ソフトに) 1A)  年が明け、月颯(つきはやて)    過ぎし年の 後悔は多く    睦月の雪は この手のひらに    辿り着いては ただ消えて行く    目の前のことを追う日々に    ふと立ち止まって見上げれば    オリオンの星雲 見つめていた。    明日(あす)につづく    如月の明りは    いつの日か僕を導く    灯りとなると信じて 2A)  青春は、夢颯(ゆめはやて)    叶わぬ事ばかり求めて    それでもいつか    そう・・いつの日か    巡り着くこと ただ信じてる    求めたら一つ無くしてく    夢たちはどこに 消えたのか?    春、いまだ 弥生 花は蕾    ただ、今に生きてくその日々を    重ねてく今日と    明日(あす)へと    ひたすら一人(ひとり) 闘う    明日(あす)につづく    如月の明りは    いつの日か僕を導く    灯りとなると信じて 朗読終わり 「健二」 そうそう!!みなさん      店に出る時は      ユニホームがあります      からね      自分自身は忘れて      ぱ~と行きましょう!! 「秋奈」 え~!!いやらしいのんと      違うでしょうね!? 「陽菜」 なにか不安だわ 「健二」 心配すんな!      かわいいやつやから! 「優太」 よけい怪しい・・・・。 「健二」 むっ、俺は、      無実だ~~~。 「N」 ともあれ、これが四人の    人生最初の事業の立ち上げ    となるようです。 次回、第126回「タダより強いものはない」につづく 本日使用のBGM 1曲目 トップ・オブ・ザ・ワールド//カーペンターズ 2曲目 めぐり逢い//アンドレ・ギャニオン
    もっと読む

    2024.2.11放送

    神戸からのラブソング〜優太と陽菜の21才と20才の頃〜

    第124回「繁盛店を作れ!!」 <BGM245>As Time Goes By//ドウリーウィルソン(2.45) 「N」 家を飛び出しテキヤの    お兄さんの紹介で住み込みの    バイトを始めた健二と秋奈。    仕事仲間は見た目よりみんな    優しくて、面白くて楽しい    日々を過ごしていた二人ですが、    そんな中、テキ屋の大将が    健二に提案がありました。    このBGMはそう、磨須斗のお店    「As Time Goes By」での    お助けアルバイトが終わって    お話中の四人です。 「優太」 なんや、その大将の提案て? 「健二」 まあ、その大将って      みんなは銀さんとか      銀ちゃんとか言うてるん      やけど、その銀さんが      言うには「君たちの若い頭脳      で新商品を作ってくれへんか?」      ということなんや。 「陽菜」 おもしろそう 「健二」 それで、優太達にも      協力をしてもらえんかなあ      っと思ってるんや 「優太」 もちろんええぞ。それで      バイト料はどうなん? 「健二」 完全歩合や、その代り赤字が      出ても支払う責任はなし。 「優太」 大丈夫なんか? 「健二」 銀さんの過去はわからんけど、      すごい人情実のある人やわ。      なんやったら契約書を      書こうかって言うて      くれてるしな。それに      利益の50%が取り分や      悪ないやろ 「秋奈」 何にもせんと銀ちゃんは      半分取るんやね。      ずるいわ~ 「優太」 まあ、いいやんか。      秋奈ちゃん。大将・・・      銀さんか、は赤字の      リスクを負うんやからね 「健二」 実は優太と陽菜ちゃんの      写真見せたらこの子らも      連れて来てくれとなってやな、      最初は1つの露店やけど      銀さんは2店で行くか?って      えらい期待してる感じやわ 「陽菜」 それぐらい流行ったら      いいのにね 「秋奈」 まあ、うちと陽菜ちゃんと      この男性二人がいたら      大丈夫やわ! 「健二」 それでや、どんな商品を      出すかが問題や 「優太」 基本はたこ焼きやな、      健二はもちろん      秋奈ちゃんも慣れてる      やろうし 「陽菜」 でも、普通のたこ焼き      じゃあ面白くないよね 「健二」 そうや、まずは商品や      たこ焼で何がメリットで      何がデメリットか考えよう 「優太」 食べやすい、安い 「秋奈」 でも、ソース、青のり、      鰹節はおいしいれど      服や歯に着くから      ちょっといやかな      たまに口の中火傷      (やけど)するし      えへへへへ 「陽菜」 つま楊枝では食べにくい      かな、フォークがいいかな!? 「健二」 ひらめいた!ひらめいた!      あおのり、かつおなし、      液体ソースなし、という事は      「たこ」もなし 「優太」 おいおい、それやったら      たこ焼きならんぞ 「健二」 これやから素人は困るねん、      誰もたこ焼にこだわらんで      ええねん。たこ焼きを      ベースに新商品を作るのや。 「優太」 はい、そうでした。先輩 「秋奈」 どうするの 「健二」 俺たちは、神戸や、長田や。      長田といえばスジコンや。      だけど、これはたぶん      やってるとこがあるやろ。      だから、ミンチ肉や、      以前な、地方の海水浴に      行った時食べて      忘れられへんねん。これを      秘伝の味付けをして具にする。      上にチーズをかけて、さあ      この上に青のりやカツオの      代わりに魔法の粉を掛ける。      これで液体ソースを      いらなくする。完璧や! 「陽菜」 はい!先生!!秘伝の      味付けと魔法の粉って      なんですか? 「健二」 ああ、陽菜ちゃん、      そんなことがわかってたら      とうの昔に親父に言うて      作ってるって、まだまだ      甘いなぁ~ 「優太」 えっ、えっ~!!      ということは? 「健二」 今から考えるのや 「優太」 なんや~空想か・・・。      大丈夫か? 「健二」 ちゃうぞ、方向性が      決まったら研究したら      できるんや。研究する      方向性がわからん      かったら何もでけへんけど、      その方向性が決まってるん      やから出来たも同然や! 「優太・陽菜・秋奈」 へえ?~~~            (長めに) 「健二」 さあ、次はネーミングや      さあ、みんな、      元気ないぞ!元気出せ! 「優太・陽菜・秋奈」 お~~            (元気なく) 「N」 こんなことで商売って    できるんですかね。深く    知らない方が大胆に行動    できるってこともありますが    未来は神のみぞ知る <BGM246>One Boy//ジョニー・ソマーズ 朗読・陽菜 鏡よカガミ 1A)  鏡よカガミ    そっと教えてほしい    事があるの    彼の夢の中に私は出て来て    いますか    彼の思っている人は    私だけですか    誕生日のプレゼントの    ヴィヴィアン・ウエストウッド    初出社には着けてくれるかなあ    私が その時結んであげたい    だって 一日かけて    探したんだもん    鏡よカガミ    朝は鏡に    ひとりでつぶやく    今日も彼から電話が    掛かりますよう 2A)  鏡よカガミ    そっと見せてほしい    時があるの    彼が一人、部屋で    ブルーにしていたなら    つらい心を暖めに    飛んでゆくから    初めての出逢いから    何年たっても・・・。    初めてのキス    ときめき忘れない    17(セブンティーン)    瞼を閉じれば見えるわ    ずっと 少女の心    そのままでいたい    鏡よカガミ    夜は鏡に 呪文を唱える    夢で私に逢いに    来てくださいと 朗読終わり 「N」 いつまでも出逢いの    気持ちを忘れない陽菜。    近くいればいるほどいい    ところが見えなくなって    厭なところが気になる、    その事を知っているんですね。    さて、屋台の話は    どうなってゆくのでしょうか?    健二と秋奈の駆け落ち    同棲はいつまで続く?    健二は就職活動は    しなくていいんでしょうか? 次回、第125回「ネーミングこそ命」につづく 本日使用のBGM 1曲目 As Time Goes By//ドウリーウィルソン 2曲目 One Boy//ジョニー・ソマーズ
    もっと読む
    ページ
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    32
    33
    34
    35
    36
    37
    38
    39
    40
    41
    42
    43
    44
    45
    46
    47
    48
    49
    50
    51
    52
    過去の活動
    通天閣

    ラジオ番組「キムランヒのRAN RUNラジオ」に作詞提供

    2020年〜

    韓国出身の歌手キム・ランヒさんのおもしろトークや業界裏話満載のラジオ関西の番組です。 キム・ランヒさんへの楽曲提供者は浜圭介氏、荒木とよひさ氏、三木たかし氏などそうそうたるメンバー。 当番組ではリスナーの方に送っていただいたエピソードをもとに、横井が作詞し、プロの作曲と合わせ、オリジナル曲をプレゼントする企画をしています。
    もっと読む
    通天閣

    歌手オーディション企画にて作詞提供

    2018年〜2020年

    ラジオ関西にて、日曜日21時からの歌手オーディション番組にレギュラー出演。 我こそはという歌自慢を募集し、優れた方には、プロがオリジナル曲を作詞・作曲、カラオケ配信まで行う企画です。 横井はオリジナル曲の作詞を担当しておりました。
    もっと読む
    通天閣

    通天閣観光さんとコラボ

    2008年

    大阪新世界のシンボルであり、商売の神様であるビリケンさんの生誕100周年を記念して、 CD「ビリケン恋唄/通天閣焼酎ロック」が発売されました。 横井は通天閣焼酎ロックの作詞を担当。 歌手の大空美樹さんは「通天閣本通商店街モリアゲ大使」を務め、 通天閣焼酎も販売されました。
    もっと読む
    プロフィール
    横井 秀仁
    高校生の頃より作詞を始める。 大学生時には作詞コンテストに投稿した作品がプロ歌手のレコードに収録されるなど徐々に作品が世に出始める。 社会人になってからも作詞を磨き続け、ビクター音楽カレッジにて作詞部門でグランプリを受賞。 通天閣観光さんと楽曲を制作したことを契機に、次第に著名歌手との接点も増え、現在ではオフコース元メンバーの松尾一彦氏、中西圭三氏、冨田梓仁氏等と楽曲制作をしている。
    受賞歴
    ビクター音楽カレッジグランプリ 日本作詞会協会新人賞
    メディア
    ラジオ関西 日曜21時からのレギュラー番組で作詞を担当 「キムランヒのRAN RUNラジオ」などに作詞提供 現在は「横井秀仁のSAXYラジオ」にて名作の詞を解説
    お問い合わせ