作詞家
横井秀仁
  Shuji Yokoi    Official Website
流れ星 リリース!

中西圭三氏待望のシングル  CDの購入は こちら
流れ星 リリース!

中西圭三氏待望のシングル  CDの購入は こちら
作品
愛することを信じて
作曲:中西圭三
歌手:中西圭三
歌詞表示
ご購入
午前零時の街
作曲:松尾一彦
元オフコース松尾氏作曲
歌詞表示
通天閣焼酎ロック
作曲:福井康彦
歌手:西上雅章/大空美樹
通天閣観光とのコラボ曲!
歌詞表示
高瀬舟恋歌
作曲:富田梓仁
歌手:大空美樹
中村美津子さんを育てた富田氏作曲
歌詞表示
有馬一夜
作曲:湯浅隆
歌手:大空美樹
歌詞表示
新着情報
    ラジオ内容
    ラジオ関西の番組『横井秀仁のSAXY』の放送内容をお読みいただけます。
    「神戸からのラブソング」では高校生男女の恋模様をドラマとしてお送りしながら、彼らの心を横井が詞にします。

    2024.6.16放送

    神戸からのラブソング〜優太と陽菜の23才と22才の頃〜

    第142回「初めての挫折」 <BGM285>The 59th Street Bridge Song//サイモン&ガーファンクル 「N」  今日は休日、みんなで     「As Time Goes By」に     集合です。健二と秋奈と     陽菜が話しています。優太は     いないみたいですね。 「陽菜」  チラシ配りながら、      健ちゃんたちデート      していたんだって? 「秋奈」  デートなんかとちゃうんよ。      一緒に働かされてただけなん 「健二」  そうや、先輩に見つかった時も      いっぱい配ろうと思って      彼女に一寸手伝うてもろて      ますって言い訳したで。 「秋奈」  そんなええもんと      ちゃうんやから 「陽菜」  でも、もうチラシ配りからは      解放されたんでしょう? 「健二」  まあな、それで今は普通の      営業させてもろてます。 「陽菜」  へえ、なかなか      頑張ってるんだ! 「健二」  あったりまえよ。そやけどな      今の案件、鈴木漁業会社の      新社屋を建てる契約なんやけど、      武田六・六建設に取られそう      なんや、それで先輩が      イライラしてるわけやわ 「秋奈」  でも、無理なものは      無理なんちゃうん? 「健二」  そうなんやけど、      何とかしたいですねって      言うとったら、部長が      何してもええから      取って来いっていうねんなぁ 「秋奈」  そら、最初の仕事で敷地の中      に他人の土地があって      にっちもさっちもいかない      仕事を解決したんやもんね 「陽菜」  それって凄くないの? 「健二」  人間、なせば成るや      あっはははは~ 「秋奈」  それやから期待かけられて      るんやね 「健二」  何でもしてええって      言われてるから何でも      したろ、うっししし 「N」  この健二の「何でもしたろ」が     夏の盛り頃にとんでもないことを     引き起こします。みなさん     覚えておいてくださいね。 「陽菜」  なんか、健ちゃんの      何でもしたろは怖いね 「健二」  わはははは、      こわいぞ~~って      優太遅いなぁ 「秋奈」  あっ、来たんじゃない? <BGM286>Jumpin Jack Flash//ローリング・ストーンズ ~ドアの開く音~ 「健二」  優太!!ここやここ! 「陽菜」  ゆ~た・・・さ・・ん?      (最後は心配している) 「秋奈」  優太さん・・・。      (つぶやくように) 「優太」  大丈夫や、大丈夫      (元気なく) 「健二」  どうしてん、おまえ、      まあ、すわって、      何か飲めや 「優太」  おお、ありがとう。      やっ・・やっぱり帰るわ      (おどおどした感じ) 「陽菜」  優太さん・・・。 「優太」  書類をまとめんとあかん      から、じゃ・・・      じゃあな(おどおどした感じ) 「健二」  何言うてんねん ~ガタン~(椅子の音) 「健二」 行ってもうた。おかしいぞ 「陽菜」 私、ちょっと行ってくる ~ガタン(椅子の音)~ ~たたたた~(走る音)~ 「秋奈」  優太さん・・・指が      震えてたよ 「健二」  ああ、見た・・・。 「N」  怯えたように帰って行った優太。     それを追いかけて行く陽菜。     あんなに理想的なカップルだった     のに・・。じっと見つめる秋奈     です、そしてその向こうの窓には     あの二人を覆うように雨雲が     広がっているのでした。 <BGM287>青春の輝き//カーペンターズ (朗読・秋奈) Smiling Rain 1A)  夜明けの雨のメロディーは    浅い眠りを揺り起こす    窓を叩いておはようを    この街中に置いてゆく    カーテンを少し開け    あなたの街の方を見つめるの    少し遠回りして    あなたにおはようを言おう    少し早く出て    笑顔を届けよう 2A)  あなたのことを 苦しめる    全ての事を無くしたい    消えてしまったあの笑顔    ハジケルくらい見てみたい    濡れている道を駆け    あなたに逢いに傘をさして    行こう    少し 隠れているの    出てきたその背中    トントンと    驚かしたいの    笑顔を見るために    少し遠回りして    あなたにおはようを言おう    少し早く出て    笑顔を届けよう 朗読終わり 「N」  いくら自分が幸せでも     愛している人が幸せじゃ     なかったら幸せにならない。     それは家族でもあり     親友でもあり。初めての挫折     に行き場をなくしてる優太、     追いかけて行った陽菜。 次回、第143回「秋奈の妊娠!?」につづく 本日使用のBGM 1曲目 The 59th Street Bridge Song(59番街橋の歌)//サイモン&ガーファンクル 2曲目 Jumpin Jack Flash//ローリング・ストーンズ 3曲目 青春の輝き//カーペンターズ
    もっと読む

    2024.6.9放送

    神戸からのラブソング〜優太と陽菜の23才と22才の頃〜

    第141回「チラシ配りは二人で」~健二と秋奈のみ~ <BGM283>夢のカリフォルニア/ママス&パパス 「N」 前回は、いじめの様な    新人イビリにあってるという話。    その後、優太は黙々と深夜まで    仕事に追われてるようで、    陽菜とも連絡はあまり取れて    いないようです。健二は    お局様から毎日、新規開拓の    電話かけにチラシ配りと    新人イビリにあってる    ようですが、そこは健二、    今日もチラシを一人で、あら?    二人で配っています。    秋奈ちゃんとですね 「健二」  あ~ほんま、今どきな、      こんなチラシ配って      なんになるねん。 「秋奈」  くさらない、くさらない。      これでお給料もらえるん      やから、ええやん! 「健二」  こんな前時代的な事を      するから、今どきの新人は      辞めるねや、こんなんやって、      どんだけ契約が取れるんや。      ちゃんとデーターを示して      ほしいわ!!文句いうてたら      腹減ってきた。秋奈、そこの      マクドで昼にしようや ~いらっしゃいませ~ 「秋奈」  でも、新人の仕事って      チラシや電話かけからと      ちがうん? 「健二」  そうやけど、それが厭な      わけやな、10年も20年も      前から同じことして      進歩がないちゅうねん      こんなん、おもんないやん      秋奈と一緒にデート気分で      するのまあ、ええけどな。      こんなんするために俺は      大和に入ったんとちゃうぞ。 「秋奈」  健ちゃん、あっちから      誰かじっと見てるよ 「健二」  えっ~!?あっ!!やば~、      先輩や。あっ、こいこいと      呼んでるわ、あっちゃ~      しゃあない、行ってくるわ。      秋奈、ちょっと待っといて ~喫茶店のざわめき~ 「秋奈」  おかえり、どうだった? 「健二」  嫌み言われたわ、仕事中に      デートでっか?      え~身分やなぁ、とか      言われたけど。それより      先輩がエライ悩んでた      みたいで聞いたら、今      扱ってる物件が      ややこしくて、困ってる      らしいわ。そこでや、      「先輩!僕がやってみましょうか」      って言うたら俺も一緒に      やることになった。これで      電話かけとチラシ配りから      おさらばや、お局とおさらばや 「秋奈」  大丈夫なん、悩んでる仕事って      どんなんなん? 「健二」  秋奈にいうても      わからんって・・・。      はっはははは~、よ~し、      やる気出て来たぞ 「秋奈」  あっ、陽菜ちゃんから      LINEやわ ・・・・(一瞬の間)・・・・・・。 「健二」  どうしたんや 「秋奈」  ん~。優太さんから      ぜんぜん連絡がこないん      だって 「健二」  あの律儀な優太が      返事をせんと言うのは      何かがおこってるんと      ちゃうか 「秋奈」  優太さんとの電話も      別人みたいに元気が      ないって・・・・ 「健二」  人格が壊れて行ってるんと      ちゃうやろなあ~。      頑張り屋なだけになあ・・。 「秋奈」  それって、何? 「健二」  わかりやすうに言うたら      うつ病みたいな感じかな 「秋奈」  そんなん!?ううん、      絶対ないわ、あの      優太さんに限って・・・。 「健二」  そうやったらええん      やけどなぁ 「N」 優太と刎頚の友である健二。   優太の事は自分の事のように   心配なんやね。 <BGM284>朝陽のあたる家//アニマルズ (朗読・健二) 青春は終わらない 1A)  絵文字ひとつもない    お前のLINE    やけに元気の無さが    気にかかるさ    彼女もずいぶん    心配してるよ    つらい時には    辛いと言えばいい    一人が嫌いなくせに    いつも一人になっている    俺らの青春は終わらない    苦しい時は笑ってさ    悲しい時も笑ってさ    肩を組んで唄おうぜ    涙飛ばして    ほら唄おうぜ 2A)  ポケットにある    100円玉は    缶コーヒーしか    買えなかったけど    夢が溢れてた    公園のベンチ    呑み込むように    夜まで語ってた    あの時語った夢を    星に変えるな    捨てるなよ    俺たちの青春は    終わりはしない    でっかい事のその前は    つまらんことの繰り返し    一つ越えりゃ みんなして    チョチョイのチョイで    雄叫びあげよう    俺たちの青春は終わりはしない    諦めた時に終わるから    諦めなけりゃ終わらない    肩を組んで歩こうぜ    涙飛ばして 歩こうぜ 朗読終わり 「N」  優太の事が心配な陽菜、     そして秋奈と健二。健二は     チラシ配りと電話掛けから     解放されるみたいだね。     どんな仕事をするのかなあ? 次回、142回「初めての挫折」につづく 本日使用のBGM 1曲目 夢のカリフォルニア/ママス&パパス 2曲目 朝陽のあたる家//アニマルズ
    もっと読む
    ページ
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    32
    33
    34
    35
    36
    37
    38
    39
    40
    41
    42
    43
    44
    45
    46
    47
    48
    49
    50
    51
    52
    53
    54
    55
    56
    57
    58
    59
    60
    61
    過去の活動
    通天閣

    ラジオ番組「キムランヒのRAN RUNラジオ」に作詞提供

    2020年〜

    韓国出身の歌手キム・ランヒさんのおもしろトークや業界裏話満載のラジオ関西の番組です。 キム・ランヒさんへの楽曲提供者は浜圭介氏、荒木とよひさ氏、三木たかし氏などそうそうたるメンバー。 当番組ではリスナーの方に送っていただいたエピソードをもとに、横井が作詞し、プロの作曲と合わせ、オリジナル曲をプレゼントする企画をしています。
    もっと読む
    通天閣

    歌手オーディション企画にて作詞提供

    2018年〜2020年

    ラジオ関西にて、日曜日21時からの歌手オーディション番組にレギュラー出演。 我こそはという歌自慢を募集し、優れた方には、プロがオリジナル曲を作詞・作曲、カラオケ配信まで行う企画です。 横井はオリジナル曲の作詞を担当しておりました。
    もっと読む
    通天閣

    通天閣観光さんとコラボ

    2008年

    大阪新世界のシンボルであり、商売の神様であるビリケンさんの生誕100周年を記念して、 CD「ビリケン恋唄/通天閣焼酎ロック」が発売されました。 横井は通天閣焼酎ロックの作詞を担当。 歌手の大空美樹さんは「通天閣本通商店街モリアゲ大使」を務め、 通天閣焼酎も販売されました。
    もっと読む
    プロフィール
    横井 秀仁
    高校生の頃より作詞を始める。 大学生時には作詞コンテストに投稿した作品がプロ歌手のレコードに収録されるなど徐々に作品が世に出始める。 社会人になってからも作詞を磨き続け、ビクター音楽カレッジにて作詞部門でグランプリを受賞。 通天閣観光さんと楽曲を制作したことを契機に、次第に著名歌手との接点も増え、現在ではオフコース元メンバーの松尾一彦氏、中西圭三氏、冨田梓仁氏等と楽曲制作をしている。
    受賞歴
    ビクター音楽カレッジグランプリ 日本作詞会協会新人賞
    メディア
    ラジオ関西 日曜21時からのレギュラー番組で作詞を担当 「キムランヒのRAN RUNラジオ」などに作詞提供 現在は「横井秀仁のSAXYラジオ」にて名作の詞を解説
    お問い合わせ